記憶の墓場

―私は夢見がちな男である。でもいつか妄想が世界を救うと。汝妄想せよ― 今、中の人は激しく鬱で少し壊れかけてるので注意。スライムのゲームをプレイしている気分屋のブログです。基本的に雑記です。今日逃げたら明日もっと大きな勇気が必要になるぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

かたすとろふぃー

うむ。
今日は3時間しか寝てないぞな。
なぜかというと、

今日の深夜の2時半に寝床に着く俺。
やっぱり寝れんので布団の上でしばらく座ってました(
そして何を思ったか不意に後ろを振り向く。霊感とかオカルトな理由じゃなくて。
そしたら!なんと!糞きもいびっぐさいずの蜘蛛が壁を這っているではありませぬか!

そんじょそこらで見る、蜘蛛糸を張り巡らしてるような種じゃない、
足が太くて、とにかくきもいです。目が腐ります。
あんな野郎に寝ている隙に周りを徘徊されたら、安全に眠れないっすよ!
人間に危害は加えないと思うが、近寄ってくると思うとあの威圧感、たまりません。きもいです。

そして、その長く太く黒く、かつ、きもい足を使い高速で歩く歩く。
いつのまにか消えたと思ったら目の前をダッシュしていったあの光景は本当に目の毒。
目の毒って言葉はこのためにあるんじゃないだろうか。

いろいろ観察(死)してたら、いつの間にやら3時半ですよ。

奴はいつ襲撃してくるか分からんので、自分の部屋で寝ることに。
俺は自分の部屋で寝てないんです。暑いもん。文明の機器欲しいです。
そしてあれこれ考えてたら3時45分。結局マイルームで寝ることに。
4時ごろ本気で寝ようと思い、就寝する。がやはり寝れないので、
4時半ぐらいまで起きてる。
そして今日起きたのがなぜか7時半。2度寝なんぞしてたら、完璧遅刻するんでおきる。
そして学校。最後に我が家に凱旋。今に至る。

3時間しか寝てないのに、なぜか睡魔に襲われない。
朝にコーヒーを飲んだせいか。なるほど。ここは思いっきり寝ておきたかったのに・・・

てか今日書きすぎ。
スポンサーサイト

愚痴 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あー | HOME | ちょっ・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。