記憶の墓場

―私は夢見がちな男である。でもいつか妄想が世界を救うと。汝妄想せよ― 今、中の人は激しく鬱で少し壊れかけてるので注意。スライムのゲームをプレイしている気分屋のブログです。基本的に雑記です。今日逃げたら明日もっと大きな勇気が必要になるぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

受験番号114072、ラストエクリプスであります

私立一期入試・・・無事終わりました。
テストが思いのほか簡単でした。
国語はちょっと難しかたですけど、半分は取れてます。
数学は前日の「猛」が付くほどはしてないですけど、
勉強したせいか、苦手な平方根の問題が出来ました。
おかげで50前後ぐらい取れてます。
英語はやばい。めちゃくちゃ簡単でした。
全く勉強してなかったのに60点は取れてます。こんなの初めてだ!
まあ期待するほど裏切りって酷いダメージになりますからね。
この辺でやめときましょうか。
面接は1時間以上待たされました。教室の中で。
本ぐらい持って来ればよかったんですが、持って来てないです。
ずーーーっと姿勢を正してました。おかげて肩痛いよ;;
2時頃ついに呼ばれた。
外で待たされて、寒いし緊張するし・・・もう・・・
そして、面接の時間がやってきたきた。
礼とかは、ちゃんとできました。ちょっと下げすぎちゃったかな?
最初は出身中学校名、名前を聞かれました。普通に答えました。
次に、志願理由。
「兄が貴校出身で、充実した学校生活が送れると思い、貴校を志願しました」
自分的に「まあいいだろ」と。
それから、兄の名前を聞かれました。
そしたら、兄に元担任だったとかなんなの。
まあいいですよ。
そして、唯一つまずいてしまったのですよ・・・
「本校について何を知っていますか」
真面目に分からなかった(
暫しの沈黙・・・これはレッドゾーン覚悟してます。
それから向こうから「忘れた?」と聞かれたので、「はい」と・・・
あとの質問は公立どこ受けるかとか。
1問つまずいただけで後は多分完璧です。
これ・・・どうなんでしょ・・・落ちたくないなあ・・・

追記でおまけ。
面接試験中に教室に待っていたときです。
妙に五月蝿い女子2人。デカい声で喋ってるもんだから、
迷惑です。落ちてしまえ。ひゃっはっはhh(ry
しかもその女子共はテストが終わると、みんな外に出て、
その時先生が解答用紙と問題用紙回収するんですが、
廊下でその女子共はまたデカい声で喋る喋るチャベリング(?
みんなその女子共見てましたよ。
廊下ではその女子共2人以外誰も喋ってません。気づけよ。
数分後「あれ、ここって喋っちゃいけん?」
んぷぷ。遅え!遅えよ!絶対教室にも聞こえてるよ!
落ちたな。ついでに奈落の底に落ちようか。

まだまだ終わらせないぜそこの傍観者たちよ!
その女子共2人のどっちかが面接試験中の、
教室待機のときで、「いきなり受験票無くした!」とか叫びました。
モノホンのアフォハケーンwwwwwww
教室に先生いないからってねえ・・・
ふはは、落ちたな。ざまあねえなあ。
ってことで終わりマックス。
スポンサーサイト

テーマ:(´Д`;) - ジャンル:日記

独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<祝!1ヶ月連続更新 | HOME | 危機的危機感>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。